原因を知り事前対策をすることで未然に防ぐことができる

EDになる原因は多岐に渡ります。
加齢よるものもあれば、事故によって引き起こされる場合も。
誰にでもその可能性はあります。
一時的に治療したとしても、根本的な原因が分かっていなければ、また同じ状況に陥ってしまいます。
「何故なるか」を知っておく事は全ての病気において必要です。
健康でいる事は、サクセスフル・エイジングを実現させる上でとても重要な事です。
勃起不全になる原因を知り、事前に対策しておきましょう。

EDの主な原因

加齢によるもの

もっとも多い原因のひとつです。
年齢を重ねるにつれて、血管や神経に様々な障害が起こります。
動脈硬化によって血管障害が起こり、陰茎に血液が送られにくくなります。
これは仕方が無いといえば仕方の無い事です。
普段から体の状態に注意を払い、健康的な生活を続けるしかありません。
もし高齢で勃起不全になったとしても治療自体は可能です。

生活習慣病によるもの

こちらも加齢と並んで多い原因です。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病が原因で血管が障害を受け、そこから勃起不全に繋がります。
生活習慣病は動脈硬化と密接に関連しています。
糖尿病、高血圧、心血管障害などの血液循環系の生活習慣病の方は勃起不全になる確率が高くなります。
また、飲酒や喫煙もこれに含まれます。
糖尿病・・血管や神経ん障害を起こす為、重度の糖尿病患者の方は勃起不全の割合が多い
高血圧・・動脈硬化を引き起こしやすく、勃起不全になりやすい

神経の障害によるもの

勃起は、性的刺激を感じた際、脳からの信号で陰茎海綿体の動脈が広げられそこから血液が流れ込む事で起こります。
なので正常な勃起には脳から陰茎に信号を伝える「神経」が大きな役割を担うのです。
神経には中枢神経や末梢神経などがありますが、勃起の際はこれらの神経を通じて信号が脳から陰茎に送られます。
なので、どれかひとつの神経に異常があると信号が陰茎迄伝わらず、勃起不全に陥ってしまうのです。
脳腫瘍やアルツハイマー病などの疾患がこれに当てはまります。

その他の疾患によるもの

前立腺がんなどの手術の際に、陰茎海綿体の神経を傷つけてしまう事も稀にあります。
最近では、術後の経過を重視し男性機能を残す事に重きを置いた手術も行われています。
その他にも、事故による脊髄損傷で勃起不全になるケースも多く見られます。
外傷による勃起不全の場合、治療に時間を要します。